水を抱く青き地球のあやふさは
 帯のやうにただよふ赤潮の海

 

湯の花の泛ぶも嬉しあふれくる
 男鹿の出湯の宿にやすらふ

 

北緯四十度しめす碑のたつ入道崎
 うみ荒れて迅き風によろばふ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。