東京地裁八王子支部判決――『異状』と『異常』

通知は一九六九年東京地裁八王子支部判決を一部切り取った解釈のようなので、まず、判決に沿って考える。

本判決には誤りがあるが、医師法第21条についての論旨は明瞭であり、厚労省通知の参考にされている判決と思われる。
判決は、まず、

①医師が死体を検案して異状があると認めたときの届出規定が医師法第21条であると述べ、
②変死者又は変死の疑いのある死体がある時は検察官が検視を行う(刑事訴訟法)

と法律の立て付けを述べている。

その上で、a「死因」(死亡の原因)についての「異状」の考え方は「病理学的な異状」(死亡診断書対応)であり、b「死体」についての「異状」の考え方は「法医学的異状」(死体検案書対応)と解すべきであるとする。

したがって医師法第21条の、医師が死体を検案(外表を検査)し、異状があるとの判断を行う場合は、死体自体の外表面だけから認識できる異状だけでなく、死体が発見されるに至ったいきさつ、死体発見場所、状況、身許、性別等諸般の事情に『異常』を認めた場合は(変死の疑いがあるので、)それを念頭に検案(外表を検査)し判断することとしている。

また、医師法第21条で医師に警察への届出義務を課しているのは、死体がa病死(自然死)である場合は問題ないが、b死体の発見(死体として発見されること)は、犯罪と結びつく場合があるので、死体が発見されるに至ったいきさつ、死体発見場所、状況、身許、性別等諸般の事情等に『異常』がないかを念頭に置いて検案し、『異状』が認められた場合には、所轄警察署に届出をさせ(医師法第21条)、捜査官に死体検視の要否を決定させる(刑事訴訟法)としている。

この東京地裁八王子支部判決は、変死の疑いある死体の検案(外表検査)を行う場合は、死体が発見されるに至ったいきさつ、死体発見場所、状況等の『異常』を念頭に検案した上で、外表に『異状』があると認識した場合の警察への届け出と解される。

本判決に基づいて、『異状』と『異常』の意味を考えれば、『異状』とは死体の状態のことであり、検案(死体の外表を検査)して外表の状態が『異状』ということである。一方、『異常』は、死体が発見されるに至ったいきさつ、死体発見場所、状況、身許、性別等諸般の事情等が「常ではない」、『異常』との意味であろう。

※本記事は、2020年5月刊行の書籍『死体検案と届出義務 ~医師法第21条問題のすべて~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。