血の滲むやうな鰹を食ひたりて
 唇なまぐさき五月はじめは

 

紫陽花は散らざり褪せてゆくやうに
 人はすなほに生きて老ゆべし

 

どくだみの十文字を描く白花の
 すがしさに惹かれわれは寄りゆく

*どくだみ 四弁の白い花。

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。