清流や流れの底の水苔に
 美の極限と命を宿す

 

短歌詠み始めながらに思う事
 広大未知な旅アイオーン

 

長い道自転車に乗る友安ず
 透明人で我も共にと

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。