幽寂に揺るる葉音や夏の月
 涼み浄瑠璃浪速の夕べ

 

月よりもずつと冷えるよ冷凍機
 希釈冷凍断熱消磁

 

ぼんぼりに花の一枝差し掛かり
 散るを惜しみて暖簾をくぐる

※本記事は、2016年4月刊行の書籍『ひとり歌仙』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。