田の神とよばれてあさる白鷺の
 青田の遠に見え隠れする

*あさる エサを探し求める。

 

寒風山より見おろす稔田晴れわたる
 大潟村は遠くあかるし

 

なだらかな草原そよぐ風に乗り
 雉の鳴きたつ声のきこゆる

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。