草の根を岩根をつかみ尋ぬれば
 奥山にかかる滝のとどろき

 

人を見て鳴きつのる猿はらはらと
 梢の団栗ゆすり落とせり

 

そよぎたつ青田の果てに鳥海山
 斑の雪を被きかがやく

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。