青空を優しく巡る鳩たちを
 限りなく好みこよなく愛す

 

我が心ポインセチアを観賞の
 熱い思いを友に伝える

 

*桂林にて

対岸で我が名呼べる友の顔
 「象の鼻」での遠き思い出

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。