栗の木を植ゑてよき実を選りしとふ
 縄文人の知恵のたしかさ

 

しっとりとうるし塗られし縄文の
 土器のかけらに残る朱のいろ

 

わが筆に描きしこけしをかなしまむ
 むつかしき貌よせ眉をして

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。