須佐之男の乱暴やまず清らかな
 高天の原は穢されたり

 

天照は神々のお召しになる緋の衣
 みめよき乙女に織らせていた

 

須佐之男は馬の生皮ひき剝がし
 乙女をめがけて投げつける

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。