立春をすぎてぬくとき雨ふりぬ
 石路の芽はあかく萌えたつ

 

きさらぎの風荒るる野にはこべらの
 白くむらがり花を持ちたり

*きさらぎ 陰暦の二月、太陽暦では三月。

 

ひらひらと惑ひきたりし紋白蝶
 庭の花菜の花粉にまみる

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。