フェリーの舳先に海豚をどり出で
 背鰭にしぶきあげてつきくる

 

仏ヶ浦に潮みちくれば波の反射
 観音岩の裾にゆらめく

 

とぶ鳥も翼たわめて吹く風の
 大間の岬に疲れよろばふ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。