天照と月読はつつがなく
   命じられしやうに治めたり

 

しかれども須佐之男だけはしたがはず
狂ほしく叫び徘徊す

 

雄叫びは嵐となりて海原に
 逆まく白波が立ちあがる

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。