鬼の城を出でし温羅は勇みたち
 吉備津彦命をめがけ矢を放ちたり

 

吉備津彦命これにこたへてつぎつぎに
 温羅の攻め矢を的にして射る

 

まむかひて射かけ合ふ矢はあな不思議
 空で噛みあひ地に落ちたり

※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。