なんといふわが身のひどい穢れよ
 川の流れに洗ひすすがむ

 

筑紫の国の川の流れに身を沈め
 穢れをはらひ身を清めたり

*古事記・伝承地 宮崎市阿波岐原町、江田神社。

 

伊耶那岐が左の眼を洗ひしとき
 尊き天照が生まれる

*天照 天上の高天原の支配者。

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。