朝の陽に染まる丹頂雪はらに
 影きよらかにひきて歩めり

 

鳴き交し白羽ひろぐる丹頂の
 つがひの舞ひはかがやきてゐよ

 

廃線の「幸福駅」をたづねたり
 客車置かれてまばゆき歳月

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。