天地の雪に閉ざさる季のあり
 人の撒餌に集ふ丹頂

 

朝の陽にかがやく雪原こうこうと
 丹頂の鳴く声はたかぶる

 

ほのじろく息を吐きつぐ丹頂の
 雪はらの上に餌をあらそふ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。