ありがたや太陽の手の温かさ

 

目がさめて脱兎の如く嫌い嫌い

 

幸不幸ふたごのように入れ替り

※本記事は、2008年7月刊行の書籍『地雷の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。