春泥や我のみ触るる粒子たれ

 

わが為に咲こうとは思う白椿

 

わがものとすれば散りゆく桜かな

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。