伊耶那岐は山の巨岩をころがして
 地上へ通ふ道を塞ぎぬ

 

伊耶那美に憂ひの顔あり巨岩を
 中にへだてて向かひあひたり

 

悔しいかな離縁された伊耶那美の
 泣き叫ぶ声は地上にとどく

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。