rt-PA静注療法

遺伝子組み換え組織プラスミノゲン・アクティベータ(rt- PA、アルテプラーゼ)を用いた治療法は2005年から保険適応となりました。当初は発症3時間以内でしたが、現在(2012年以 降)では4.5時間以内の投与開始となっています。

施設基準や投与方法などについて、厳格な適正治療指針の遵守が義務づけられています。患者さんの神経症状の評価は、旧版NIHSS(National Institutes of Health Stroke Scale:0点/最軽症~42点/最重症)が使用されています。

修正NIHSSはあまり普及していません。41~42点はあり得ないので、最悪スコアは40点(通常は37点)となります(付録5参照)。NIHSS(旧版:1994、修正版:2001)については、主治医あるいは看護師にお訊ねください。

※本記事は、2020年1月刊行の書籍『脳梗塞に負けないために 知っておきたい、予防と治療法 』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。