子を産めば母はどんなに喜んだろう

 

春昼や愛情過多の母娘草

 

母もまた母が恋しい秋日和

※本記事は、2019年12月刊行の書籍『愛のままで咲く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。