伊耶那岐が灯火の下に見たものは
 変わりはてた妻の姿だった

 

伊耶那美の身体は腐りうじ虫が
 這いまわるまま横たわっていた

 

伊耶那岐はおそれおののき背を向けて
 黄泉の国より逃げ出したり

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。