くすりの温泉とアイヌに呼ばれし褐色の
 かけ流し湯のいたく眼に沁む

 

火の山に出でし効き湯にいくたびも
 ひたりて足の生傷いやす

 

崖急に落ちゆく摩周湖霧ふかし
 なにも見えねど鴉の声す

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。