浅井長政、朝倉親子の髑髏

:さて、作蔵君、信長の髑髏盃は知ってるかい? 大河ドラマでみたことないかな? 浅井久政・長政親子と朝倉義景の三つの頭蓋骨に金箔が施されている。その盃で信長は酒を飲む。

N:信長は家臣にも勧める。拒否することは許されず……。

:これは戦勝後の正月元旦のことで、信長は新春を寿いでいる。

N:自分だけがおめでたいのでは?

:違う。中国では、討ち取った敵将に後々まで敬意を払うため、髑髏(薄濃)はつくられる。その故事を信長は沢彦から教わっていたのだ。

安土城

(1)仏教世界の5階、儒教・道教世界の6階

:さてここからは安土城を多面的に語ろう。ここは後半部分の山場であり、安土城の何たるかを作蔵君も知ることになるだろう。「安土町文芸の郷」の「信長の館」 には安土城天主閣の5、6階の原寸大の復元がある。セビリア万博(スペイン) の日本館のために復元したものなんだが、5階は仏教の世界観で、「釈迦説法図」 がある。そして最上階6階は儒教、道教の世界観で、「孔子図」、「老子図」がある。

N:安土城で仏教、儒教、道教……。あれ? キリスト教は? 

:安土城は信長の聖地であるがゆえにキリスト教もある。

N:キリスト教の世界観は安土城のどこにありますか?

※本記事は、2020年5月刊行の書籍『古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。