快晴よスカイブルーの広がりを
 宝物として仰ぎ見る哉

 

近隣の実が着き熟す柿の木に
 雀舞い降る秋景色哉

 

マンションのビルより覗く碧き色
 狭き空間に雀ら遊ぶ

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。