Chapter1 天変地異

「きみにお願いがあるんだけど」

林は手を引っ込めて笑みを浮かべた。

「きみ、中学生のリーダーをやってくれないか」
「え?」

川田は怪訝な表情を浮かべた。

「何で俺? 中学生は他にいくらもいるでしょ」
「きみのこと、顔も名前も憶えてたから」
「俺、マジで嫌なんすけど」

川田は心底不服そうだ。林は川田の耳元に口を寄せ

「ぼくの真後ろの、先の方を見て」

川田はしぶしぶ黒目を動かした。林の肩越し一〇メートルばかり先に、観光案内所の建物が見える。その陰に二人の大学生が立ち、こちらを見ている。

川田は気付いた。確かその二人も去年キャンプに参加していた大学生だ――。

「副リーダーの泉(いずみ)さんと早坂(はやさか)君だよ」

林が囁いた。

「去年のキャンプの後、大学生だけの反省会があってね。そこでぼくのリーダーシップ不足が議題に上がったんだ。その結果『林はもう一回やるべきだ』ってことが決まって、それで今年もぼくがリーダーになった」
「そんなの、あの人たちがやりたくなかっただけでしょ」
「さあ? なんにしても、ぼくとしては任された以上、ちゃんとやりたいんだ。今回のキャンプは去年以上に成功させたい。だからこそ中学生のリーダーには、参加経験のある人に就いてもらいたいわけ。きみは前に参加してるから、いろいろ分かるでしょ」

川田は林から顔を離した。林は涼しい顔をしている。

「俺以外に、木崎(きさき)も去年出てますよ」

川田は低い声でそう言い、十歩ほど離れたところに立つ茶髪女子を指差した。

「だめ」

林は首を横に振った。

「なんで?」
「あの子、ぼくと口利いてくれないんだもん」

――なっさけない大学生だ。川田は呆れ果てた。その隙に腕に何かをはめられた。咄嗟に腕を引いたが、時すでに遅し、二の腕に「班長」の腕章が掛けられている。

「ちょっと、何を勝手に」
「はい注目!」

林は手を鳴らしてあたりに呼びかけた。

「今から宿泊場所の割り振りを説明します。中学生男子は竪穴式住居A。女子は大学生女子と一緒にB。男子大学生はCね。なお、中学生のリーダーはこちらの川田くんだから、彼の指示に従ってください」

林は呆然とする川田を尻目に、観光案内所の角にたむろする大学生の元へ小走りしていった。

――クソ……。

川田は奥歯をかみしめた。

――アイツ、なよなよして頼りなさそうだけど、どっか切れるところがあるんだよな……悔しい! 畜生!

※本記事は、2020年7月刊行の書籍『異世界縄文タイムトラベル』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。