開拓の人の放ちし鮒殖えて
 手拍子うてば岸の辺による

 

溶岩のむらがる森に分け入れば
 みずならの太根岩を抱けり

*水楢 ブナ科の落葉高木。

 

雪解けて山の斜面に鬨の声
 あげて咲きゆく花園ありき

*鬨の声 おおぜいが一度にどっとあげるさけび声。

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。