花びらのあふれて流るる街川の
 水上の桜幾日をふぶかん

 

満潮に押さるる街川さかしまに
 花びら浮かべしづかに流るる

 

びょうびょうと風吹く街の花ふぶき
 まぶたを閉ぢて歩みあへずも

※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。