天づたふ日は没りゆかむ流氷の
 ひかりを失せて海はかくれる

 

流氷を避けて港にもやふ船
 舳を並べ春の待たるる

 

海峡をへだてて迫る国後の
 高嶺が被く雪かがやけり

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。