咲きみつる花に抱かれほしいまま
 さへづる小鳥に聞き惚れてゐる

 

岸辺より枝かたむけてしらじらと
 水面に花の影はたゆたふ

 

花さそふ風に梢の桜花
 日も夜もあらず空に散りゆく

※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。