流氷のばらけたやうに浮かぶ海
 舞ふ大鷲の眼するどし

 

風出でて流氷沖に離りたり
 白くかがやき帯のやうにひろがる

 

流氷のひろがり尽きし海の涯
 かもめが群れて夕日が沈む

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。