考察・女子プロレス

1 女子プロレスは、妄想をかき立てる。(カイリ・セインや、紫雷(しらい)イオ)
2018年11月16日(金)​

『プロレス入門Ⅱ』(斎藤文彦著/ビジネス社)を参考にさせてもらう。

今回は、「オトコのオーディエンスが妄想する最高の女子プロレス」という題の3ページにわたる文から一部を引用したい。

妄想とは、①ありえないことをあれこれ想像すること。また、その想像、「―にふける」

プロレスファンは、プロレスに対し、プロレスラーに対し、ありえないことをあれこれ想像する。

プロレスにおける妄想は、―省略―自由な発想であり、思考力である。

スターダムの観客は、そのほとんどが30代以上の男性ファンだ。

観戦歴10年以上、20年以上のマニア層は、“男子プロレス”もフォローしつつ、女子プロレスではスターダムを選択している―以上、引用

私は、スターダムというより、スターダムを出た、WWEのカイリ・セイン(元、宝城カイリ) や、柴雷(しらい)イオにゾッコンである。

カイリやイオを追っていることが、スターダムを追っていると仮定していいのなら、まさに私は36歳なので、30代以上の男性ファンだ。

観戦歴も20年に近いのでマニア層だ。“男子プロレス”もフォローしつつ、女子プロでは、カイリとイオを選択している。

以前、私はプロレスコラムの中で、カイリとはヨットで、カイリに操縦してもらって、一緒に旅をする。

イオとは、美しい夜景の中で食事をする。

という勝手な妄想を抱いて書いた。何か無性にそういう気分になって書いたけど、私は無理だろうと思いつつ、そんな妄想を書いているだけでも良かったのだ。

カイリが一番好きで、2番目にイオが好き。

カイリは童顔、イオの情報では犬を飼っていて、子供に人気。カイリのファンは本気(マジ)で愛する男性が多く、取り合いでケンカになるほどの様だ。試合ではガッツがある。

イオは美しい。猫を愛する。大人の女性として求めるならイオ。試合でもメチャ強い。

※本記事は、2020年7月刊行の書籍『アイディア・プロレスコラムDX』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。