1月27日(水)

丸山ワクチン-T先生へのお願い

私は今日は栃木県のA市へ行った。定例である。

丸山ワクチンの供給を得るために必要な医師の署名を、T先生にお願いした。前回、先生には断られていた。自分は治療に関与していないので、状態がまったく分からない。だから署名できない、というのは、当然のお考えである。前回は事情を説明し、病院のデータのみでワクチンを出してもらった。しかし毎回そういう訳にはいかないので、T先生に「お願い」してみた。

なお、T先生は「丸山ワクチン」を余り信用しておられない。

「水みたいなもんだろう」なんて言っている。

私はそれで良いのである。近くで、患者が少なくて待ち時間がほとんどないというのは、大きなメリットである。70の半ばは間違いなく過ぎていると見えるが、飄々として、商売気のないお医者さんである。

--------------------------

T医院
医学博士 T先生

お願い書

平成28年1月27日
横浜市
(本人)
(夫)

丸山ワクチンの注射につきましては格別のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。先生ご承知の通りこの薬品は現状治験薬につき、日本医科大学付属病院よりクスリを提供してもらうには、都度、「SSM臨床成績経過書」の提出を要します。それには医師の署名が必須です。

本件に関しては、T先生は治療に全く関与しておられず、署名できないとおっしゃるのは当然と存じます。そうであるべきと存じます。

しかしながら受診先の「みなと赤十字病院」で署名を頂くことは諸般の事情で不可能です。

T先生に伏してお願い申し上げますが、「誓約書」にお書き致しました内容で、何卒ご助力下さいませ。

この「誓約書」は、日本医科大学へも写しを提出致します。

先生にご迷惑をお掛けすることは誓ってございません。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

(P.S.) 当然ながら「費用」はご請求下さいませ。

--------------------------

T医院
医学博士 T先生

誓約書

平成28年1月27日
(本人)
(夫)

治験薬『SSM丸山ワクチン』の受給に必要な「SSM臨床成績経過書」に署名して頂くについて、下のことを確認、誓約申し上げます。

  1. T先生は本件、「野村良子の横行結腸がん治療」について、治療に一切関与しておられません。
  2. 「SSM臨床成績経過書」はすべて野村良子もしくは野村よしが記入し、“医療データ”は、「横浜市立みなと赤十字病院」によるものであります。それ以外のものは一切ありません。
  3. 従って、「野村良子の横行結腸がん治療」における野村良子の「丸山ワクチン」摂取について、いかなる結果を見ようとも、野村良子並びに野村よしの責めに帰すものです。

以上

--------------------------

T先生は署名捺印をして下さった。

昨26日、天皇、皇后、両陛下、フィリピンご訪問。慰霊の旅。

リニア新幹線起工式。2027年、品川─名古屋間で開業予定。
私が85歳、良子は82歳。
東京オリンピック&パラリンピック 2020年 私78歳、良子75歳
次の午年 2026年 私84歳、良子81歳
式年遷宮 2033年 私91歳、良子88歳

※本記事は、2019年3月刊行の書籍『良子という女』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。