第1章  夫婦の問題

5)世界一のセックスレス夫婦

▼夫婦愛はスキンシップと会話から

夫婦の間でここまで広く深くセックスが軽んじられ、セックスレスが蔓延している事実は、とても残念です。

ただ、セックスには極めつきの優れた作用があることはお伝えしなければなりません。性的興奮の絶頂であるオーガズムや射精の瞬間、愛情ホルモンやコミュニケーションホルモンとも呼ばれるオキシトシンがきわめて強く分泌されるからです。

オキシトシンは、イライラ、不安、落ち込みや怒り、または不眠、食欲低下や冷えなどのあらゆる心と身体のストレスを抑え、気持ちを前向きにして、夫婦愛に不可欠の満足と信頼を与えてくれるホルモンです。何より愛情ホルモンでありコミュニケーションホルモンですから、キスやハグ、手をつなぐだけのスキンシップや、さらに楽しい会話でも分泌が高まります。生身の人間と対面して初めて威力を発揮するホルモンだといえます。

特に皮膚感覚に優れた唇や舌、そして指を使ったスキンシップが、オーガズムや射精に匹敵するくらいに強くオキシトシン分泌を高めてくれることです。セックスに愛撫が重要なことは、「前戯」として一般に男性も認識しています。しかし、実際には多くの女性が性器の合体行為と同等かそれ以上に、ただ愛撫されているときに幸福に満ちた気持ちになっています。

中でも女性の乳首には、この満足と信頼にあふれるホルモンの分泌を促す神経が集中しています。感じ方に個人差はありますが、乳首への愛撫や赤ちゃんの授乳行為により強い幸福感を感じる女性が多いのはこのためです。

性的な愛撫は、決してセックスの前座のようなワンランク下の行為ではありません。どんな場面であっても、優しく触れられることで人は自分が必要とされていると感じることができます。だからこそ相互に触れ合うことで、夫婦間の満足と信頼が高まり、絆が深まるのです。

▼スキンシップと会話がセックス復権の第一歩

反対に、優しいスキンシップが不足するとオキシトシン作用が低下します。女性の場合、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが月経周期に連動して交互に分泌量が増えたり減ったりすることで、精神的に不安定な状況が発生しやすくなります。この2つの女性ホルモンがストレスの誘因となる自律神経の交感神経と副交感神経に作用するからです。

ストレスとは、元気な「興奮」モードを刺激する交感神経が過度に優位となり、癒しの「やすらぎ」モードを促す副交感神経が過度に抑制されている状態です。こうしたストレス機序の中で、エストロゲンが副交感神経に、プロゲステロンが交感神経に、常に月経周期に合わせて周期的に作用することで、自律神経が不安定になりやすく、何らかの心身の変化に直面して、ストレスを引き起こしやすくなっているのです。

女性が、イライラ、不安、気持ちの落ち込みや不眠などの心身の不調をきたしやすい傾向があるのもこうした女性ホルモンの影響があります。そのうえにオキシトシンが低下すれば、パートナーのセックス要求に嫌悪感をいだいたり、不感症になったりするようになります。

一方、男性の場合では、スキンシップが少なくなると、後で詳しく述べますが、根底に存在しているテストステロンの征服的・狩猟的性格を促す作用がときにいびつな状態で前面に現れます。パートナーの気持ちを思いやれず、独断的、攻撃的な傾向をしめすようになったり、直接的なセックス行為以外のスキンシップに無関心になったりすることです。

今さら言うまでもなく、性器の合体行為だけがセックスではありません。セックス受難時代の今日だからこそ、日々の夫婦生活により一層のスキンシップと会話が求められています。

なぜなら、繰り返しになりますが、ともに夫婦間の愛情と信頼を育むスキンシップと会話が少なくなれば、男性の性欲は独りよがりとなり、女性の性欲は否定的なものにおちいってしまいます。これではセックス本来のコミュニケーション から遠ざかるばかりで、心身をいやすことも絆を深めることもできないからです。

セックスとは肌が触れ合う男女間の全ての行為のはずです。たとえ性器の合体行為が少なくとも、日々のスキンシップと会話を大事にする必要があります。それこそが、セックス復権の第一歩であり、今までにない愛情に満ちた心身の交流が育まれるはずです。

※本記事は、2020年1月刊行の書籍『ストップthe熟年離婚』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。