氷湖より釣りあげられし公魚の
 生き生きと跳ねる吹雪の中に

 

ぴくぴくと公魚しばらく跳ねゐしが
 雪に凍りてもはや動けず

 

釣り糸を垂れてたたずむ後より
 氷湖を走る吹雪が襲ふ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。