1章 つらいことは自分で乗り越えろ

迷わない

そう迷わないということがポイントです。あなたは自分で何でもすぐに決断できますか? 僕は優柔不断でなかなか決断できませんでした。

言葉の魔法は、みんな薄々感じています。「幸せだなぁ」と言えば幸せになる。しかし、自分の部屋でひとりぼっちでいると、ふと「不安」が出てきたりもしますよね。あなたは素直で真面目なのかもしれません。幸せな言葉を言っていたが、迷いが生じてきたのですよね。

そうですか、では、さっき誓いましたよね。「迷わない」と。「幸せ」を選んだのですから、迷わないでください。

「僕は約束を守る男だ」「私は人を裏切らない女です」「僕は優柔不断ではない」「私は誓いを守ります」「僕は律儀です」等々言葉縛りです。あなたは「幸せ」を選びました。そして「幸せになる」と誓いました。

誓ったのだからその約束を守ろうとします。なぜならあなたは真面目だからです。だんだんあなたは幸せの方に向かっていくしかなくなってしまうのです。そう自分を「幸せ」に導いていくのです。

もう一度聞きます。あなたは優柔不断ですか? 「幸せ」と「不幸せ」どちらを取りたいですか? 約束は守らなければなりません。

「優柔不断にはなれないんだよね」でいい。「不安になれないんだよね」でいいのです。ネガティブな心が顔を出しそうになったら「ネガティブにならないって決めちゃったんだよね」と言いましょう。不安が浮かびそうになったら、「不安にならないって決めちゃったんだよね」でいいのです。

断る時は断る

ドラマ風に書きます。あなたは不良グループの一員なのですが、その不良グループから抜けたいと思っています。「俺、不良やめる。そう誓ったんだ。約束は守る」と心の中で呟きます。そして不良グループの前でこう言います。

「もう、かつあげとか万引きやるの嫌なんだよね、まともな道を行きたいんだ」

不良グループのリーダーはこう言います。

「なんでだよう」
「もっと楽しもうぜ」
「仲間じゃねぇかよぉ」

あなたはリーダーに言うのです。

「俺、不良をやめると誓ったんだ。誓ったらそれを守るんだ」

あなたは怒鳴られても殴られても耐えに耐えて、とうとう不良グループから離れることができました。そして亡き母に誓った「俺、消防官になるんだ」という幼い頃の夢に向かって猛勉強を始めたのでした。

それと同じようなことがあなたの中で起きています。不安(ふあん)グループにいるあなたは、そこから抜け出たいと思っています。「俺、この不安グループから抜けるよ。今まで不安になることをやっていたけど、俺、本当は嫌だったんだよね」

不安グループのリーダーはあなたを引き留めようとしますが、「俺、不安にならないと誓っちゃたんだ」とあなたは言います。不安グループはあの手この手を使ってあなたを不安な気持ちに引き戻そうとしますが、あなたは耐えに耐えてとうとう不安を一掃したのです。

不安がなくなったあなたは、「不安から解放されるってこんなに気持ちがいいんだー」と青空に向かって叫んでいました。「誰かが不安になっていたら、不安を消し去る方法を教えてあげるんだ」とうれしそうに言うのです。ドラマ風に書いてみました。

とにかく、「私は不安にはならない。そう誓いました」「僕は情けない男ではない。そう誓っちゃったんです」「私は不幸ではない。そう約束したのです」と言ってみましょう。誓ってください。約束してください。

真面目なあなたは約束を守りますから、言ったとおりになりますよ。

皆さんは「今日遊ぼうよ」と友達から言われたとき、「今日は親と親戚の家に行かなくちゃならないんだよね」と、親との約束があるので友達の誘いを断ったことがありますよね。約束は守りますよね。それと同じ。

「不安になりたいんだけど、不安にならないって約束しちゃったので、不安になれないんだよねー」と言ってしまうのです。先にしている約束が優先されるのです。

※本記事は、2019年6月刊行の書籍『「つらい」と思っている人へのエール あなたは本当に魅力的な人間ですね』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。