流氷の海のくらさにひらひらと
 赤く光らせクリオネは舞ふ

 

沖とほく見えし流氷天つ日に
 白くかがやき船近づけり

*天つ日 太陽。

 

一望にひろがる冬晴の流氷原
 まばゆき光りをはばむものなく

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。