遥か見る友を想いて薄き空
 人の恋しい秋に成る哉

 

幾度も思い出辿り涙する
 人の恋しい秋に成る哉

 

寂しがり独り佇む月の夜
 人の恋しい秋に成る哉

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。