勢ひて落ちくる滝は水煙
あげて紅葉の渓にとどろく

 

一山の紅葉づるはげしさ晴天の
明るさを増すかがやきに照る

 

見はるかす紅葉の錦山姫の
幾夜を籠り織りにしならむ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。