「え、なんですか? 聞きたいです」

一瞬ためらったような言い方が、かえって遥の興味をそそった。

「話すと結構長いんで、今度時間があるときゆっくり話しますよ」

「大丈夫です。雨が降っていて退屈していたので、ぜひ聞きたいです」

遥はマックブックを閉じて彼に身体を向けた。

「祐介君!」

突然、2階から男性の大きな声がした。その男はこちらに駆け寄りながら会話に割って入ってきた。このタイミングの悪い日本人は、みんなからカジと呼ばれる男で、遥が来たときからずっとこのゲストハウスに滞在している。

遥は時折このフロアでカジを見かけていたが、気安く話しかけてくる強面でタトゥーだらけの彼が生理的に苦手で、いつも避けていた。

「あ、カジさん!」

祐介は手を挙げて、近くに寄ってきたカジに返事をした。

「おかえり! 祐介君が帰ってきたって、さっきトミーが教えてくれてさ」

「ええ、ついさっき到着したところです。こっちはひどい雨ですね」

「ああ、ここのところずっと降っていてね。それでギターどうだった?」

カジがそう尋ねると祐介は首を横に振った。

「ギター?」

隣で話を聞いていた遥が不思議そうに顔を向けると、祐介はそれをかわすように笑みを作った。

「そうだ、祐介君トミーに会った? トミーがガレージに来るようにってさ」

カジがレセプションの奥を指さしながら言った。

「うん、わかった、行ってみるよ。遥さん、話の途中でごめんね。話はまた今度ね」

そう言うと祐介は立ち上がって、レセプションの奥にある裏口のほうに消えていった。

遥は取り残されたようにカジと二人になった。二人の間の沈黙に割り込むように雨音が激しく響いた。

「あの……ギターって何ですか?」

遥は目の前に立っているカジに恐る恐る聞いてみた。

「ああ、祐介君の話ね」

少しだけ焦らすようにしてからカジは話し始めた。

「彼、友人の失くしたギターを探しているんだって。どこにあるのかもわからないらしいよ」

「え? 彼、ギターを探して旅しているんですか!?」

「そうみたい。俺も聞いたときは驚いたよ。なんでも1年前に旅をしていた友人が失くしたギターらしいんだけど、その友人は今心臓に障害を持っているらしくってね」

「え!? なんですか! その映画みたいな話!?」

「俺も話を聞いたときは鳥肌が立ったよ。詳しくは彼から聞くといいよ」

結局その日、遥は祐介と会うことはできなかった。自分と同じくらいの年齢だと思っていた祐介の年齢が、35歳だとカジから聞いて遥は少し驚いたが、そんなことよりもギターの話が気になってしょうがなかった。

※本記事は、2020年4月刊行の書籍『旅するギターと私の心臓』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。