一人来て一人で帰る生と死よ

歓びの声かみ殺す絹の月

弓なりにのけぞる 女だと思う

※本記事は、2008年7月刊行の書籍『地雷の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。