第一章

2

息苦しさで目が覚めた。

濃密な畳の匂いがした。

博昭は畳が敷かれた和室に寝かされていた。壁にはよくわからない掛け軸。柔という字だけは読むことできた。

腕時計を見た。ヤクザから取り上げたカルティエの腕時計。午後二時を少し回った時刻であると知った。

先ほどの襲撃からまだそれほど時間は経っていない。

和室の襖が開いた。

男が立っていた。

博昭を戦闘不能にした男。

男は右手にヤカン、左手にナイフを持っていた。そのナイフを自分の腹部に突き刺し、引きつった笑みを浮かべている。

脳内でアドレナリンが噴出する。

「冗談や、冗談。そう興奮すんなや」

男はヤカンをテーブルに置くと、ナイフを博昭の方に投げ捨てた。ナイフはおもちゃだった。

「忘れもんだ」

ドスのきいた声で男が言った。

そしてすぐに笑った。

「『忘れもんだ』っちゅうのは、『探偵物語』っていう昔のドラマで、主役の松田優作が言うセリフやねん。『探偵物語』。知ってるか? 工藤ちゃん」

博昭は男が何を言っているのかまったくわからなかった。

男は尻のポケットから財布を取り出すと、博昭に向かって放り投げた。博昭の財布だ

「悪いけど、調べさせてもろたで」

男は畳に座った。そしてカップにお湯を注いだ。室内に香ばしい珈琲の匂いが漂う。

「君、工藤言うんやろ。工藤ちゃん。探偵物語。松田優作の当たり役や」

男はそう言ってまた笑った。不気味な笑みだった。

「なあ、工藤ちゃん。君、やりすぎやで。もう少しで人殺しになるとこや」

博昭はまだ事態が呑み込めていなかった。理解できていたのは、自分がこの男に負けたということだけだ。

生涯初の敗北。

博昭は動揺していた、動揺している自分に気づいてさらに驚いた。

負けた。この俺が喧嘩で敗北した。

しかも失神。

「何もんだ」博昭は言った。

「風間。君は工藤。銀ちゃんと工藤ちゃんや」

そう言うと、男は突然、「ヤスーーー!」と大声で叫んだ。「立ち上がってこいー。ヤスー。立ち上がって
こいー!」

最後はほとんど絶叫だった。

「『蒲田行進曲』や。あれはええ映画やったなあ。あの風間杜夫は最高やったなあ。ちなみに松田優作の『野獣死すべし』も必見やで。あっ、工藤ちゃんはどちらかいうと、『探偵物語』というより、『野獣死すべし』やな」

「おい」

博昭は立ち上がった。 こんなふざけたおやじに負けるわけがない。油断だ。油断さえしなければ絶対に勝てる。

「おっ、工藤ちゃん。またごっつい殺気出して。嫌やなあ」

風間は不自然な笑みを顔に張り付けたまま珈琲を飲んだ。

「もう一度勝負しろ」

博昭は言った。

風間は考えているそぶりを見せた。

そして静かに息を吐いた。

「ええで。そやけど条件がある」

「なんだ」

博昭は聞いた。

「工藤ちゃんが負けたら、俺の言うことは何でもきかなあかん。命令や。ええか」

博昭は目を剥いた。いらついているのが自分でもわかった。

「いいだろう。立て」

風間が立ち上がった。

顔から笑みが消えていた。

風間の家には道場があった。畳にして三十畳くらいか。額には『虚』という字が書かれており、壁には白い道着が掛けられている。

「たまに近所の子供らに教えてんねん」緊張感のまったく感じられない声で風間が言った。パンツ一丁になりながら、道着に着替えている。

風間の肉体は鍛えられたボクサーのようだった。細身だが、無駄な脂肪のまったくない引き締まった体。

博昭はすぐにわかった。風間の体はボディービルダーのような作られた筋肉ではなく、実戦で鍛えられた筋肉。つまり、本物の格闘家だ。

「工藤ちゃんは空手か? そやろ? さっきの蹴り見てたらわかるわ」

柔道家だろうと博昭は踏んでいた。だが、他の格闘技にも詳しいらしい。さっきの数回の蹴りで、博昭が空手をやっていたことを見抜いている。

捕まりさえしなければ勝てる。

博昭はそう思った。

風間が帯を締めた。黒帯だった。

「よし、ええで」

風間は腿をぱんぱんと手のひらで叩いた。

博昭は風間と対峙した。

緊張が高まる。

博昭は中段に構えた。肩の力を抜いて右わきを締め、肘を体の内側に入れる。

風間は肩をぐるぐると回しながら、両手を軽く開いて前方に突き出した。

博昭は距離を詰める。

牽制の前蹴りを繰り出す。風間が右手でその足を払う。

動くと同時に博昭は右回し蹴りを力いっぱいに放つ。ブロックした風間の体ごともっていくほどの破壊力。

風間がバランスを崩す。追い打ちをかけるようにもう一発。風間がよろめく。

博昭は一気に間を詰め、正拳突きを繰り出す。

骨がきしむ音。仰向けに転倒する風間。

博昭は馬乗りになる。風間が両腕で顔面を防御する。

博昭は脇腹に数発のパンチを打ってから、顔面を攻撃する。

防御している腕の上から殴る、殴る、殴る。

一瞬の隙をつき、風間が下の体勢から蹴り上げてきた。顎に当たった。博昭はのけぞった。互いの体に距離ができる。風間がまた蹴ってくる。二発、三発。

互いの体に距離があるため、博昭は完全なマウントポジションが取れない。有効打のパンチが打てない。

風間の足が博昭の肩に乗った。風間は三角絞めを狙っている。かまわず殴る。

腕をつかまれた。博昭は風間の道着の襟首を持ち、腕力で風間の体ごと持ち上げた。

そのまま抱え上げ、プロレスのパワーボムのような形で道場の床に叩きつける。

風間の体が軽くバウンドした。と、同時に風間の足が首に巻きついてきた。

蛸のような動きだった。

足が絞まる。

博昭の左腕が捕られる。引き寄せられる。

風間の足がさらに絞まる。

息が苦しい。

あがく。苦しい。あがく……。

意識が遠のいた。

頬の痛みで目が覚めた。両腕が動かない。風間の両足が博昭の両腕の上に乗っている。

「約束や。依頼を引き受けてもらうで」

風間の声は氷のようだった。

※本記事は、2017年12月刊行の書籍『永遠と刹那の交差点に、君はいた。』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。