第一章

2

年が明けて三日目。すべての景色は白と灰色の底。何年かぶりに東京に大雪が降ったのだった。それでも遊歩道は丁寧に除雪されており、雪遊びをする子供たちや親子連れもちらほらと見られる。

正月の東京は静かだった。どいつもこいつも故郷とやらに帰省しているのだろう。博昭にも故郷とやらはあるにはあったが、帰りたいとも思わない。故郷でのんびりするだの、休息をとるだの、そんな生ぬるい連中はハンターに狩られる獲物でしかない。そんな奴らをぶっ飛ばすためにこの街に出てきたのだから。

せいぜいのんびりすればいい。その間に俺が全部かっさらってやる。

博昭は舐めるように街を睨み、それから足を踏み出した。

ハンバーガーショップの駐車場を出ると環八をそれ、マンションの裏側に面した路地に入った。駐車場のかたわらを抜け凍結した歩道に出る。息が白い。首筋に冷たい風が吹きつける。

骸の奴らめ。

博昭は憤っていた。

緩やかにカーブする公園沿いを、前をしっかりと見ながら歩いた。

骸。練馬を縄張りとするギャング。リーダーが変わってから、奴らは変わった。練馬のイモくさい不良ではなく、よりファッショナブルに、より攻撃的になった。以前は、博昭をリーダーとする浜田山愚連隊とはテリトリーがかち合わず、揉めるようなこともなかったが、最近になって浜田山愚連隊の縄張りである渋谷や中目黒にまで出没するようになった。そのため小競り合いが頻繁に起こった。

その小競り合いが一気に過熱したのは昨年末のこと。クリスマス・イブの渋谷センター街での乱闘により、骸のリーダー、福田の弟が重傷を負った。復讐を誓った福田は、無差別に浜田山愚連隊のメンバーを狙った。年が明けても事態は悪化するばかりで、骸は浜田山愚連隊のビジネスにまで手を出し始めた。

徹底的に潰してやる。

博昭はしっかりとした足取りで歩いた。人影少ない歩道のど真ん中を。この道を抜け、別の資金回収係が待つファミレスに向かうのだ。

道路に面した右側に三階建ての豪邸があり、中年の男が雪かきをしていた。なにげなく目をやった博昭と男の目が合った。博昭は無意識に歩調を緩めた。男はスコップを手に持ったまま、博昭をじっと見ている。奇妙な男だった。異様に整った顔立ちだが、表情がまったくないために、人間というよりコンピューターで作られたアニメのように見えた。博昭は男の視線を感じながら、そのまま前へ進んだ。

緩やかにカーブする道路を歩いていると、左側の公園の木々の合間から二つの人影が見えた。立ち止まって目を凝らす。人影は、何事か楽しそうに語らいながら、ゆっくりと博昭のいる方へと進んでくる。二人の姿が次第に鮮明になる。黒ずくめの服に黒マスク。心の警報が鳴った。

骸?

背後で唸るような車のエンジン音がした。

振り返った。最初に目に入ったのは黒塗りの四輪駆動車だった。博昭の立っている場所の数メートル後で、四駆は急ブレーキをかけて止まった。運転席と助手席のドアから、黒ずくめの男たちが飛び出してくる。運転席の男はバットを手にしていた。

「工藤ー!」

男がバットを振り上げながら突進してくる。風を切る音が聞こえた瞬間、博昭は右手で頭を庇った。ゴツッと音がした。背後から足音が聞こえる。

博昭は咄嗟に男に体当たりをし、足払いをかけた。そして、ひっくり返った男の腕を思いっきり踏みつける。手からバットが離れた。空いている足で男の顎を蹴り上げる。足音が近づく。博昭はバットを手に取った。

「死ね。工藤!」

声を発した男に、博昭はバットを投げつける。バットは男の顔を直撃し、路上に落ちた。男がうずくまる。

まずは二人──。

「この野郎!」

もうひとりの男の左拳が博昭の頬にあたり、ガツッという音がした。

「ぶっ殺す」

男はなおも左拳を繰り出した。それを博昭の右腕が払った。そして左の掌底で男の顎を打った。

男は伸びをするように体を伸ばし、仰向けに倒れ込んだ。すぐに追い打ちの足蹴りを入れてから、博昭は右足を軸にして体を回転させる。回し蹴りがうずくまっていた男のこめかみにヒットした。三人目──。

「うおー」

最後の男が、博昭につかみかかってきた。が、次の瞬間、足払いをかけ、転倒した男の鼻っ柱に肘打ちを叩き込む。肘とアスファルトに挟まれた男の体が奇妙に痙攣する。博昭は男の体に馬乗りになり、さらに攻撃を加えるために右腕を引いた。

その腕を何者かがつかんだ。凍った路面で足が滑る。反射的に右に回転しながら、横蹴りを繰り出す。空振り。

男がいた。先ほど見かけた男。雪かきをしていた男。

睨みあった。

白い息が交差する。

男は静かだった。闘気が感じられない。 整形か、と博昭は思った。その人工的な顔は仮面のようだった。

「もうよせ。死ぬぞ」と男が言った。喉頭がんの患者のような声だった。

博昭は男の言葉を無視して向きを変えた。路上でうめいている男を見下ろしながら、右足を引いた。顔面を踏み潰そうと足を下ろす。が、平衡感覚がおかしくなった。アスファルトが目の前に迫ってくる。とっさに両手をついて前転をし、そのままの勢いで立ち上がる。

またあの男だ。

博昭は反射的に右ストレートを繰り出す。

ほとんどの敵を一発で倒してきた右の拳。

しかし、男は微かに動いて拳をかわすと、博昭の右腕を固定し、そのまま捻じりながら背後をとった。

男が博昭の首に左腕を巻きつけてきた。博昭は体を揺さぶったが、男の力は強靭だった。頸動脈に男の手首の骨が押しつけられる。

男の腕を引きはがそうともがいた。だが、どうやっても引きはがせない。男の腕がロープのように絞まる。まるで絞首刑台の縄のように。

呼吸ができない。息が詰まる。

闇がおとずれた。

※本記事は、2017年12月刊行の書籍『永遠と刹那の交差点に、君はいた。』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。