喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

第七場 クローディアスの部屋​

テーマ音楽。

中舞台。同日の夕方。

クローディアスが、手にした手紙を見つめている。

クローディアス: 「クローディアス殿 陛下ご帰還後に、ノルウェー国境にご出陣になる由、ポローニアスより報告を受けました。優しいお言葉は遠ざかり、突然の竜巻がそのお姿まで奪い去ろうとしています。せめてもう一度だけ……。中庭でお待ちしております。 ガートルード」
……王妃が待っている、私を待っている。別れの挨拶か? 貴婦人としての礼儀なのか? ……いや、違う! 待っているのは、月夜の中庭だ、大広間ではない。王妃の胸の奥に熱いものが生まれた。身近にいたクローディアスが消える寂しさが熱いものを生み出したのだ。「中庭のひと時は、今日を限りにいたします」と言ったはず。それをかき消すように、「せめてもう一度だけ」と書いてきた。よし! この胸に堰(せ) き止めていた熱い溶岩の流れを沸騰させる時が来た! そしてその流れを王妃の心に注ぎ、共に沸騰させるのだ! 王妃を奪うのだ! ……いや、待て……もう一つある。赤く燃える流ればかりではない。この胸底に湧き出した黒い流れの堰も切る、水門を開くのだ! 怒りの留め金を外し、王冠も奪うのだ!

クローディアスへの明かりが消える。

音楽(「心が揺れる」)。上舞台、溶明。

同日の夕方。中庭。

ベンチに腰掛けていたガートルードがゆっくりと立ち上がる。

ガートルード: 夜の帳が降りはじめ
夕暮れの中庭が紫色に染められていく
昼の光が薄らいで
理性の王様が感情の王妃に変えられていく
悪戯(いたずら)な妖精が闇に紛(まぎ)れて揺れる心を笑っている
人を待つ 人に待たれる そのときめきに心浮き立ち
人を送る 人と別れる その寂しさに心が沈む
悪戯な妖精が闇に紛れて揺れる心を笑っている
ああ 心の友よ
あなたもほっそり痩せて 今夜は三日月
やがては新月となり 闇に消え去る
……心穏やかだった日々は遠い昔のことのよう。国王は妻を大切にし、王子は母を愛してくれた。その眼差しは私に向けられた。妻だから、母だから。それでよかった。それが幸せだった。……今、その幸せは色褪(いろあ) せ、心波立ち揺れる日々。クローディアス。かの眼差しは、私に向けられる。妻だからではなく、母だからではなく、ガートルードだから。ああ、クローディアス、あなたはここからいなくなる。貞淑な王妃の心が揺れる。優しいあなたに心が傾く。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。