Ⅰ『魏志倭人伝』を歩く

── 帯方郡から女王国へ、魏使の足跡を辿って

二 二つの唐津 ── 韓国内陸行

韓は帯方の南にあって、東西は海を境界とし、南は倭と接す。【三国志 魏書韓伝】

(弁辰の)瀆盧国は倭と(境界を)接している。 【三国志 魏書弁辰伝】

この短い記事を素直に解釈すると、朝鮮半島の南端に倭の領域─狗邪韓国─があり、弁辰の国々から産出する鉄を、韓・濊(ワイ)・倭が競って採っている記録が残されている。

帯方郡治址はてっきりソウル近郊と思い込んでいたが、仕事で韓国を訪れる機会が増え、その都度知り合った現地の方に「帯方郡治址は、どの辺にあったのですか?」と決まった質問を繰り返す。すると相手の誰もが首を傾げてしまう。

一時期これは韓国の歴史教育のなせる業、「過去の歴史事実」をそのままに教えていないためかと訝っていた。しかし、改めて手元の史料を繰ってみたところ、東洋文庫版『三国史記(新羅本紀)』の解説には、帯方郡治址として現在の北朝鮮「黄海道鳳山郡文井面」説と「同沙里院邑」説が挙げられている。通説ではそれがソウル北方の臨津江河口辺に比定されている。

そこを起点に「海岸に循って水行し、韓国を歴て」と続く。ここで話を転ずることをお許し願いたい。日本へ留学するには、入国管理局の審査を受けなければならない。受け入れ先の学校・機関で申請書類を提出前にチェックするが、韓国から留学を希望する学生の書類を観ているとき、「基本証明書」(日本の戸籍謄本に相当するもの)に役所の所在地として、「唐津(忠清南道)」という地名を見つけた。

 [写真] 基本証明書

ここは九州の唐津と同様、古代において外国(この場合は中国)からの寄港地だったのではないだろうか。帯方郡を出発して海路を南下、唐津に上陸した魏使は「乍南乍東」、馬韓(五十余国)・辰韓(一二国)・弁韓(一二国)を歴訪し、狗邪韓国に至ったと思われる。

余談ですが、私の職場に韓国人スタッフのチョ(趙)さんが配属されてきました。出身は全羅北道の全州(チョンジュ)だそうですが、彼女の話によると全州の南側に位置する光州(クァンジュ)の人たちは、ちょっと異質だそうです。

地理的には隣接しているのに、言葉が全然違うと言っています。例えば「猫」の呼び方ですが全州では「ゴヤンイ」、それが光州に行くと「グェンイ」といった具合に。

日本でも地域ごとに呼び方が違う例はいくつも見受けられますが、距離的に離れた「九州」と「東北」との違いではなく、それこそ「目と鼻の先の出来事」です。小さい頃から不思議に思っていたそうです。

目には見えない「境界」「文化習慣の差」はどこから来ているのでしょうか。光州と言えば、草浦里(ソウホリ)遺跡が思い浮かびます。狗邪韓国の領域の特定を含めて、当時の「境界線」が現代にもその痕跡を残している一例ではないでしょうか。

※本記事は、2019年7月刊行の書籍『神話の原風景』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。