ほとほとと胸の扉を叩くごと桜紅葉の我に舞い散る

 

連れ立ちて桜吹雪のなかを行く嗚呼私は独りではない

 

高原の風に吹かれて吾亦紅そよぐ見ており少し淋しき

※本記事は、2019年3月刊行の書籍『短歌集 生きる』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。