喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

第五場 クローディアスの部屋

ポローニアス: ……殿下、少しお疲れのようですな。この老いぼれをお赦しください。倅が送ってくれたこのトランプに気をよくして無理にお付き合いさせてしまったようで……。
クローディアス: ……ポローニアス、済まなかった。また、今度相手をしてくれ。(立ち上がり、カードが収められた小箱を取り上げて)このトランプ、しばらく私に貸してくれまいか。美しい絵柄をじっくり眺め味わってみたい。レアティーズの父親への愛情も併せてな。
ポローニアス: はっ! (思わず立ち上がってクローディアスの手を握り、涙ぐむ)私めは、いつの日か殿下が国王陛下となられる姿を楽しみにしておりました。王位継承者第一位ですからな。しかし、老い先が短いゆえ、それを見るのが叶わないかもしれません。それに、陛下は、ハムレット様がドイツ留学から戻られたら王位を譲ろうというお考えのようですし……。私めとしましては、クローディアス殿下が無冠のまま生涯を終えるということがなんとも忍び難く……。
クローディアス: ……ポローニアス、待て! 兄上はそうおっしゃったのか?
ポローニアス: え? あ、はい。
クローディアス: 私は聞いていないぞ、兄上が退位されハムレットに王位を譲るなど。……内大臣のお前には本心を告げ、この私には何も言わなかったのか……。
ポローニアス: いや、は? 私めはてっきり……陛下はクローディアス殿下にお話になった上で、その後――。……あ、あははは、物忘れですな。陛下は、殿下には話したと思い込まれていたのでしょう。そう、そうに違いありません。……では、私めは、これにて下がらせていただきます。

ポローニアスはおざなりの一礼をして、あたふたと立ち去る。

クローディアス: (一点を見つめながら、舞台前へ)……いや、物忘れではない、思い込みでもない、あえて言わなかったのだ。内大臣には本心を明かし、このクローディアスには口をつぐんだのだ。

明かりがゆっくりと落ち、クローディアスを残して闇に包まれる。

音楽(「肉親の愛 憎悪に変わる」)。

クローディアス: 込み上げてくる熱いものは何だ
湧き上がってくる黒いものは何だ
地底のエネルギー爆発し 溶岩となって流れ出る
怒りの留め金外れ 堅い理性を押し流す
わが存在を軽んじ わが夢を踏みにじる
王冠をいただき 国王となる夢を
あるべき地位を与えず 生きる誇り消し去る
あるべき地位を与えず 生きる誇り消し去る
肉親の愛 虚しく消えて
肉親の愛 憎悪に変わる
込み上げてくる熱いものは何だ
湧き上がってくる黒いものは何だ

舞台暗転。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。