「で、いま、何時かしら?」

「えっとぉ」

二人揃って腕時計を見た。

「十二時二十五分ですね」と、ズングリ。しかし、ノッポが

「いや、おまえさんのは、たいてい五分、進んでるからさ。正確には十二時十九分です」

と訂正した。

「ありがとう」

時間は、そのまま。アレから二十分くらい経っているとして、うん、そんな感じ……日にちも確かめたかったが、適切な質問が思い浮かばない。でも、たぶん、十日だわ。

「相変わらず、細かいねぇ、おたくは」

「おまえさんが大雑把なんだよ」

二人の会話には、どこか漫才の掛け合いのような、気の合った流れを、智洋は感じた。二人は、単なる同級生ではなく、親友同士、仲間なんだろう……。

「いや、おたくが杓子定規なの。五分くらい、いいじゃん」

「よくないさ。何時かと訊かれたんだから、なるべく正確に答えるべきだろうさ」

「そりゃまあ、そうだけどさ。一分一秒まで正確に答える必要はないだろうよ。ですよね」

だけど、少し寒く感じる。それは、でも、心の寒さかも……。

いくつかの、目の前の事実と証言から、智洋は、いまいるここが二〇〇一年のいまではないことを認め始めていた。しかし、一九七一年? そんなの……いくらなんでも、そんなの、信じられない……。

ズングリが見つめているのに気づいた。

「えっ?」

「いや、いいです」

照れたような顔をした。カッコイイわけではないが、人懐こい感じ。意外に、モテるタイプかもしれない……ノッポのほうが明らかにイケメンである。彫りが深いし背も高い。が、やや理屈先行気味で、少々繊細なところがあるみたい。女の子としては、ちょっと、つきあいづらいかも。

三十年前の若者? わたしも十分、若者なんですけど……。ん? こんなこと考えてるって、少し鎮まった? わたしの混乱。

「わたし、こっちに行くけど」

智洋は、小さな賭けに出た。

「ああ、はい、ぼくらも大橋です」

よかった。反対側に行くと言われたら、ここで別れなければならない。それに

「大橋」。

場所に変わりはない。もう少し、この二人から情報を得たい。いま独りにされるのは心細い。ううん、独りになんか、なりたくない。歩き始めた。

【前回の記事を読む】【小説】日本だし、東京だし、21世紀なのに…「わたしたちの住むマンションがない」

※本記事は、2022年5月刊行の書籍『再会。またふたたびの……』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。