第二章 希望

達也から視線をそらすことなくミヨが見つめている。

先ほどの状態が整理できない達也の隣で、ミヨが澄んだ青空を見上げた。

「晴れてよかったわね。本当にいい天気」

にこりともせず天気を気にするミヨがどこかおかしく思えて、達也の緊張は緩んだ。

「この学校、丘の上にあるからかしら。夜になると星がとてもきれいに見えるの。特に、このグラウンドの真ん中に立って見上げると、なんだか星を独り占めしてるみたいで。だからここは私のお気に入りの場所なの」

ミヨは飽きずに空を見ている。

「部活で遅くなった冬の日とか、こうしていつも星に向かって手を伸ばしてみるの。とても近くに感じるのに、当然だけど全く手が届かないのよね。願いごとは届くのかな……」

空に向かって手を伸ばすミヨが愛らしく感じられ、達也の胸は高鳴った。

「絶対、届いてますよ」

「そうだといいわね」

「そういえば先輩、すごくたくさん来てますね。去年もこんなに多かったんですか?」

「去年は体調を崩して学校もお休みしちゃったから」

わずかにミヨが視線を落とす。

「みんなが集まる時はいつもそう。今年の夏の花火大会だって、私だけ参加できなかったの。きっと、きれいだったんだろうな……花火」

ミヨは遠くの空を見つめている。

「す、すみません。傷つくようなことを聞いちゃって」

ミヨがゆっくりと首を横に振る。

「少し回りましょうか」

「は、はい」

急な石段が裏門の先に続いている。

「さっきは気づかなかったけど、すごいですね、この石段。先が見えないや」

「百段くらいあるらしいわよ。上りきるには、速い人でも十分はかかるって聞いたことがあるわ。サッカー部の人たちが練習でよく走ってるけど、とても大変みたい」

「……でしょうね」

「達也くんも一度歩いてみたら?」

「え? 今から下るんすか?」

「下って上るのよ。タイム計ってあげましょうか?」

「いや、ぜんっぜん意味わかんないっす」

「冗談よ」

ミヨはくるりと向きを変え、校舎の方へと歩きだした。

「冗談か……そうだよね」

二人は裏門をあとにし、校舎へと向かった。

二人は各クラスの出し物を見て回った。

お化け屋敷や演劇などを楽しんだあと、飲食店を担当しているクラスの前を通った。

「いらっしゃいませ。冷たい飲み物などはいかがですか?」

レジの女子生徒が明るい口調で言った。

「先輩、何か飲みませんか? 僕は炭酸でも飲もうかな」

「私はブラックコーヒーにするわ」

レジを担当している女子生徒が笑顔で会計する。

「それでは、二百四十円です」

「あ、先輩いいですよ。僕だしますから」

達也が、財布の中の小銭を一枚ずつ数え手のひらに納めていると、ミヨが突然、達也を制するように腕のそでを引っぱった。

「ん? どうしたんすか?」

ミヨはあるものをじっと見つめ指を差した。

そこには茶色の長方形の箱に入ったビターチョコが並んでいた。

達也はにんまり笑って三百四十円を払った。そして二人は混雑した校内を避けて、再びグラウンドへと足を運んだ。

※本記事は、2012年5月刊行の書籍『アザユキ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。